ろめんの「てきと〜な話」

気が向いたら書いてます。

ひろぼろめんセットの製作

GIG49のライブもひと段落して、お次のひろぼろめんライブ向けのエフェクターセットを作りました。

 

余っていた木をMIDIフットコントローラーの大きさに切って、スプレーは煩わしいので、見える部分だけ黒マジックで代用。 

f:id:romechan:20171209150408j:image

  

上に載せたら出来上がり!

f:id:romechan:20171209150545j:image

 

小さいMFC05でコントロールすれば、簡易CASIOPEA用にもなります。

f:id:romechan:20171212231041j:image

 

しまう時はフットペダルを外して電源コードをまとめます。

f:id:romechan:20171212231205j:image

 

ケースに詰めれば…

f:id:romechan:20171212231315j:image

 

持ち運びも楽々!?

f:id:romechan:20171212231417j:image

 

今度はイケると思います…笑

 

GIG49 LIVE 映像公開⑤

延々とお付き合いいただいたライブ映像公開も本日で最終となります。

 

 上級編紹介のMCで「皆様のご声援がなければ、最後となります!」と繰り返し叫んだおかげで、用意されたアンコール曲「HALLE」を演奏することがでしました。

 


CASIOPEA 3rd「HALLE」 GIG49 LIVE 2017.11.11 ⑨

 

今回のバージョンは、最近の3rdアレンジでして、途中でメンバ全員のソロが入ります。

 

ベースラインも最近のナルチョスタイルなので、櫻井さんのベースラインに慣れている人は違和感ありありですね。

 

ラストということで、間違えも気にせず、のびのびと弾けましたが、よーく見てみると、Aメロの出だしを弾いてから、何やら右足が動いています。

 

そうそう、前曲の「WHITE TICKET」で、ディレイタイムを短くしていたことに気づいてタップしています。

 

以前は、ロングディレイ用にディレイタイムを決めていたのですが、ショートディレイを用意したり、ロングでも少し変えたかったりという場面が結構あったので、新しいボードにしてからはタップを導入しています。

 

DG-STOMPの右から2番目のフットスイッチをタップに設定していて、コントロールチェンジでG・MAJORに送っています。

f:id:romechan:20171207214636j:image

 

 ヘッドホンで聴いているとちょうど良いのですが、少しピッチシフターのMIXが多めかもしれませんね。

 

さあ、これで演奏終了と思いきや、ホントのアンコールが起きて嬉しさ極まりない状況に思わず演奏させてもらいました!

 

ちなみにドラムのokuさんは、すでにスネアを片付けたあとだったので、苦笑いしながら再セッティングしていましたよ。

 

以前のライブでせっかくアンコールがあったにもかかわらず、演奏できる曲がなくて断念したことがあったので、万が一のアンコールがあったら前回ライブで演奏した「MODE TO START」やろうねって、打ち合わせておいたので、迷わず選曲!!


CASIOPEA 3rd「MODE TO START」 GIG49 LIVE 2017.11.11 ⑩

 

アンコールを期待するのもイヤらしいので個人練習もせず、ライブ前に1、2回合わせただけなので完成度は低く、勢いで演奏しているので最初のベースラインからリズムがズレているしメロディーも間違えてます。あはは。

 

まあ、嬉しかったので、楽しかったので、いーんですよ、これはこれで。

 

あっ、ちなみにこれもAメロ入ったところで、フットスイッチを踏んでますが、これは前奏部分で切っていたディレイをオンに戻すために、FC-200からプログラムチェンジを送信しています。

 

G・MAJORのディレイオンオフは、G・MINORの左側のスイッチに割り当てています。

 

DG-STOMPは弾いている途中でのプログラムチェンジでも全く音切れしないのが素晴らしい!

 

それからモディファイアーメニューのディレイオンオフは、G・MINORに連動してオンオフ状態も確認できるので、演奏中の瞬時の確認では、ホント重宝します。

 

プログラムチェンジを受信すると初期状態(ディレイオン)にリセットされるので、今回は踏み間違えリスクの少ないFC-200のフットスイッチを踏んだわけです。

 

話がそれましたので曲の話に戻ります。

 

オルガンの音色がいー感じですねー。

 

かわしまんもベースソロで遊んでいて、ウケちゃいました。

 

ドラムソロは、わざとリズムを見失うような叩き方をしてきますが、今回はついていけました!

 

 …ということで、楽しい時間はあっという間。

 

ご来場いただいた皆様、ご声援いただいている皆様、本当にありがとうございました!

 

 またお会いしましょう!

 

 

GIG49 LIVE 映像公開④

さてさて、お次は上級編。

 

CASIOPEAにハマるきっかけとなった「DOMINO LINE」です。


CASIOPEA「DOMINO LINE」 GIG49 LIVE 2017.11.11 ⑦

 

途中のドミノ倒しの仕掛けに興奮したのは、私だけではないと思います。

 

16分音符を1分ずつ分けて、ドラム、ギター、ベース、キーボードの順でドミノ倒しを表現するアイディアは脱帽です。

 

今回演奏した「GIG25」バージョンは、少しリズムが複雑な2代目となるドミノ倒しですね。

 

ドラムスのokuさんから譜割りを聞いて、まいどの「MUSIC STUDIO」アプリに入力して、メンバー間で認識を合わせましたよ。

f:id:romechan:20171205232039p:image

 

上のイメージのCがドラム、Aがギター、Fがベース、Dがキーボードですが、ドラムトラックなので実際の音は異なります。

 

映像の方はというと、3分割されているのをマージしたら曲中に区切れが入ってしまいました…

 

そこから音声と2つの映像が微妙に合わなくて編集に時間がかかってしまいました。

 

編集のコツが掴めたものの、すでに編集を進めていたので、手戻りが激しくてめげそうでした。

 

やっと、ズレも解決と思ったら、iPhoneYouTubeアプリだと音声が遅れるのか映像が早まるのか、またもやズレています。

 

以前もこの現象があった覚えがあるので、アップデートで解決するかもしれませんが、ブログの埋め込み映像で見る限りは元の映像とズレていないので、こちらでお楽しみいただければと思います。

 

 続いての曲は、3rdの「WHITE TICKET」。


CASIOPEA 3rd「WHITE TICKET」 GIG49 LIVE 2017.11.11 ⑧

 

軽快で聴きやすいのですが、リズムキープが難しくて苦労しました。

 

途中のドラムソロでは、ベースのかわしまんとふざけているように見えますが、本人真剣にリズムを取っているお気に入りの映像です。

 

ホントはかわしまんの映像がベストポジションだったので挿入したかったのですが、特大のm2tsのファイル形式が私のMacでは固まってしまい、残念ながら断念しましたー。

 

かわしまんちゃん、ごめんなさいーm(_ _)m

 

…ということで、ちびちびの映像公開も佳境を迎えてきましたね。

 

GIG49 LIVE 映像公開③

12月になってしまいましたー。(写真は秋ですが…)

 f:id:romechan:20171202205919j:image

 

映像公開の第3弾です。 

 

この辺りでメンバー紹介の時間となりまして、ベースのかわしまんの紹介です。

f:id:romechan:20171202212345j:image

 

 今回の新兵器「YAMAHA BB-5000」は弦間が狭いので弾きづらいという話と、愛用のTUNE 8弦アーム付きモデルのパチ金?パツ金?ネタです。

 

 続いて、ドラムスのokuさん。

f:id:romechan:20171202213130j:image

 

表面加工2層、繊細でゴージャスな音の出る神保さんモデルのシンバル話と本人から衝撃の告白が…!

 

 お次は、キーボードのJIVEさん。

f:id:romechan:20171202213559j:image

 

 YAMAHA MONTAGEのボコーダーを使って、恥じらいながら「TOKIO」って言わされてました 笑

 

 最後は私自身の紹介で、1曲目に演奏した「THE UPWARD SOUL」の話をしましたね。(本文と写真は関係ありませんが…)

f:id:romechan:20171202214334j:image

 

…ということで、そろそろ次の中級編「いろんなリズムを感じてみよう」のコーナーです。

 

シャッフルの懐かしいこの曲からスタートです。「FABBY DABBY」

 


CASIOPEA「FABBY DABBY」 GIG49 LIVE 2017.11.11 ⑤

 

この曲はリズムからメロディーからソロまで全てが難しくて、とても苦労しました。

 

特にギターソロの野呂さんがよく弾くディミニッシュスケールの早弾きがあるのですが、小指がつりそうになるくらい弾きづらいですね。

 

ごまかし具合を聴いてもらえると楽しみめるかもしれません。

 

 「FABBY DABBY」のキメで曲をつなげて、まいどお馴染み「SPACE ROAD」。


CASIOPEA「SPACE ROAD」 GIG49 LIVE 2017.11.11 ⑥

 

まいど超高速「SPACE ROAD」なのですが、今回は加速感も味わえますよ!

 

「このペースでドラムソロはイケるのかなー?」なんて、かわしまんとニヤニヤしていたら、なんとかドラムソロを乗り切りまして、途中崩壊の地獄のユニゾンが始まりました。

 

こんなところもお楽しみです、ハイ。

 

 

 

GIG49 LIVE 映像公開②

秋ですねー。

 

f:id:romechan:20171129225446j:image

 

前回に続いて、2曲編集できました。

 

まずは、CASIOPEA入門の初級編ということで、聴きやすい曲とハードな曲で心を掴もうというコーナーです。(どこが初級編なのか…という声が聞こえてきましたが…)

 

1979年に発売されたアルバム「SUPER FLIGHT」から「I LOVE NEW YORK」です。


CASIOPEA「 I LOVE NEW YORK」 GIG49 LIVE 2017.11.11 ③

 

この曲は、当時の日本航空のCMで流れていたキャンペーンソングで、野呂さんが作曲したものだとばかり思っていましたが、カバー曲のようですね。

 

それでもCASIOPEAオリジナルに聴こえてしまうところは流石です。 

 

アルバムバージョンは短いので、当時のライブバージョンで演奏することになりました。

 

ギターソロはすごく難しくて、特に後半の和音でメロディーを弾くところはマスターするのに時間がかかりましたが、なんとか演奏できたのでよかったですー。

 

こちらも同じくアルバム「SUPER FLIGHT」から「OLION」なのですが、オリジナルバージョンは難しすぎるので、1986年のライブバージョンです。


CASIOPEA「OLION」 GIG49 LIVE 2017.11.11 ④

 

YouTubeで公開されている本家のライブ映像は、とてつもなく格好良いのですが、まあ、この辺が限界かと… 

 

あの映像を見ても、ベースソロのバッキングでキーボードがどのように弾いているか理解できなかったので、ギターとユニゾンすることにしましたよ。

 

実は2回目のギターソロの最初でリズムを見失いまして…、途中でなんとか戻せました。

 

ひとつ謎がありまして、「OLION」なのか、「ORION」なのか不明でして、とりあえず、アルバム表記の「OLION」を採用しました。 

 

いやー、それにしても難しい…笑

 

それでは、次回へ

GIG49 LIVE 映像公開①

先日行われたGIG49のライブ映像の編集を進めているのですが、最近の高品質の映像と引き換えにファイル容量が大きくなっていて、5年落ちのMac miniでは固まる事も多くて編集に時間がかかってしまうので、今回は小出しにアップします。

 

オープニングは、CASIOPEAのギタリスト野呂さんの「THE UPWARD SOUL」です。


野呂一生「THE UPWARD SOUL」 GIG49 LIVE 2017.11.11 ①

 

これは、1曲目というよりは、PAさんのバランス取りや楽器の様子見というところで、本題に入る前の調整用のオープニングとして選曲しています。

 

よーく見てみると、かわしまんもベースアンプをいじっていたり、映像ではわからないですが、ライン音源ではギターを左右に振り直したり、イコライザーやリバーブをセッティングし直したりと、PAさんがバランスを取っているのがわかります。

 

…とは言え、「THE UPWARD SOUL」は、ユーキャン野呂一生講座の仕上げ曲なので、難易度は高く、のっけから弾き間違えをしていますが、緊張感や心配事も取れて、ベストな状態で本題に入れました。 笑

 

 

本題の1曲目は、1年前のライブでも演奏したCASIOPEA 3rd「ME・ZA・ME」です。


CASIOPEA 3rd「ME・ZA・ME」 GIG49 LIVE 2017.11.11 ②

 

 この曲は複雑なコード進行なのに難しさを感じさせない流れのあるメロディーが好きでして、ギターソロは困難を極めますが弾き終えると達成感があります。

 

今回のライブは友人から仕事仲間まで広くお誘いしたので、「フュージョン入門講座」的なセットリストにしました。

 

今回はokuさん新兵器の高品質広角映像なので、足元からバッチリ見えていて、エフェクター操作がモロわかりです。

 

イントロのボリューム奏法では、少し深めにかけたディレイの切り間違えもバレバレだったりしていて、そんなところもお楽しみいただけると思います。(ツボの人は少ないと思いますが…)

 

ソロでは、それぞれのパートのズーム映像がご覧いただけますが、こうして見ると、メンバーのみんなスゴいテクニックで惚れ惚れしますなー。

 

そんな素敵な仲間と出会えたことに感謝しています。 

秋ですねー

気がつけば、秋も深まっていました。

f:id:romechan:20171121220334j:image

 

ライブ映像が出来上がってきたので、これから時間を見つけて編集したら、YouTubeにアップします。

 

お次はというと…、桜の咲く頃に「ひろぼろめん」のライブが決まりました。

 

新曲の打ち込みを始めたり、エフェクターを飯塚さんセッティングにしたりと、忙しくて楽しい日々が続きます。